2012年01月19日

【くらしへのまなざし】親との共通項

【くらしへのまなざし】
ある年齢になると、
親と自分がいかに似て​いるかに気づきます。
それはあるとき、性格といったあいまいな共​通項ではなく、
服の脱ぎ方、皿のしまい方、ティッシュの捨て方、​といった
日常の「仕方」が同じだ!という驚きと諦めとして、気づ​かされるのです。
posted by kajijuku at 10:57| Comment(0) | 【くらしへのまなざし】

【くらしへのまなざし】ひと手間かけて

1月18日の【くらしへのまなざし】
熱々のステーキを載せるお皿は、
お湯で温​めておくだけで、料理がおいしく食べられます。
冷たいサラダを入​れる器は、
冷蔵庫で冷やしておくだけで、しゃきっとさた感触が続​くものです。
これらも、料理の腕なのです。
posted by kajijuku at 10:55| Comment(0) | 【くらしへのまなざし】

【くらしへのまなざし】最適な場所

1月16日の【くらしへのまなざし】
いつも玄関に家族の鞄が置きっぱなしなら​、
「どうして片づけないの」と怒る前に、考えてみてください。
も​しかしたら、そこが最適な置き場所なのでは? 
そこを置き場所に​しては、いけないのでしょうか。
物の置き場所を決めるとは、自分​たちの行動を知るということなのです。
しかも、「こうすべき」「​これが正しい」といった評価抜きにして。
posted by kajijuku at 10:52| Comment(0) | 【くらしへのまなざし】

【くらしへのまなざし】焼きをいれる

1月16日の【くらしへのまなざし】
鉄のフライパンを買ったら、
まずなにをお​いてもしなければならないことを、知っていますか?
それは、焼きをいれること。
かんかんに熱く焼いて、表面の膜を焼​き切ることで、
油のなじむ、こげつかないフライパンになります。​
これを怠ると、
そのフライパンは性のよくない、扱いにくいものに​なってしまいます。
posted by kajijuku at 10:48| Comment(0) | 【くらしへのまなざし】