2012年04月12日

桜に思う

今朝起きて、一番にしたこと。
本棚から、
井伏鱒二『厄除け詩集』を取り出しました。

=====================
春暁    孟浩然

ハルノネザメノウツツデ聞ケバ  春眠不覚暁
トリノナクネデ目ガサメマシタ   処処聞啼鳥
ヨルノアラシニ雨マジリ       夜来風雨声
散ツタ木ノ花イカホドバカリ    花落知多少
=====================

かの有名な漢詩の結句が、井伏によってどのように名訳されているのか、
どうしても思い出すことができず、夢の中でうなっていました。
国語のテストよりも、苦しかった〜〜。

猫の額ほどの庭の片隅に、さくらんぼの木を植えています。
次男が小学校に上がったお祝いに、
「実のなる木を」と思って、本人に選ばせたものです。
最初の年は、2,3粒の実を家族で分けて大切にいただきました。
その後なんど春を迎えても、一向に花が咲きません。
いつも庭木の手入れをしてくれる植木屋さんが、
「今は、木盛り(きざかり)。
 大きく枝を張って、葉っぱをたくさん繁らせる時期」
桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」
と、その時その時、木に代わって言葉を教えてくれました。

息子は、この春、小学6年生になりました。
1年生の背丈よりも低かったさくらんぼの苗木は、
しっかり根を張り、大きく枝を広げ、夫も見上げるほどに成長しました。
ついに今年、定植以来はじめてぱらぱらぱらっと花をつけました。
木全体で、1パック分ぐらいは収穫できるかな?

sakura.JPG

神のなさることは、すべて時にかなって美しい…

さてさて、息子は、
いったいどんな「実」を結ぶのでしょうか。
posted by kajijuku at 18:55| Comment(0) | harbor

不潔ライン

【くらしへのまなざし】
洗濯機で、
トイレマットと食器の布巾を一緒に洗うのは、抵抗があ​りますね。
では、何と何なら、不潔ではないでしょうか。
靴下と下​着は?
子どもの体操服とシーツは?
家族の間で話してみると、
意外な「不潔ライン」が見えてくるはず​です。
posted by kajijuku at 18:02| Comment(0) | 【くらしへのまなざし】

定位置

4月2日の【くらしへのまなざし】
「こんなところに、探していたこんなもの​が!」と、
日々の生活のなかで驚くことがあります。
セレンディピ​ティなどという言い方もあるくらい、
古今東西を問わず、誰にでも​起きることなのでしょう。

さてそのとき、「ここにあったことを覚​えておこう」とだけ思って、
そのままにしていませんか?
それで​はまた、行方不明になってしまいます。
「たしかにこの前、見つけ​たのに」と思う分、悔しさも倍増。

そうならないために、見つけた​らそのときに、
「これはここが定位置」という場所に移動しておき​ましょう。
もし定位置が決まっていないなら、
いったん仮に食卓の​自分の席やデスクの上に置いておく。
そして、あとでゆっくり考れ​ばいいのです。
posted by kajijuku at 18:00| Comment(0) | 【くらしへのまなざし】